芝本蓮

|

神戸は今季、明治安田生命J1リーグ第20節終了時点で8勝5分け7敗、勝ち点「29」で5位につけている。 5分に左サイドで得たCKを「小学生の頃は蹴ってて、中学生の頃もフリーキックは結構蹴っていた」という今村涼一(2年・FC東京U-15むさし)が続けて蹴った2本目のキックに、寺山翼(2年・FC東京U-15むさし)が合わせたヘディングは枠の左へ外れ、7分にもやはり今村が蹴り込んだCKはファーに流れましたが、まずはセットプレーからチャンスを窺うと、勢いそのままに先制点まで。

北村がエリア内へ侵入し、右から打ち切ったシュートは枠の上へ外れ、頭を抱える11番。劣勢の磐田は小川航基、荒木大吾と攻撃的な選手を投入。 また、センターバックに加え、必要であればサイドバックや守備的MFでも卒なくプレーできるユーティリティー性は、代表への生き残りを考えても好材料となるはずだ。崖っぷち柏の生き残る条件は?

「史上最もハイレベル」なJ1残留争いの行方は? さらに追加点を奪った神戸は磐田に勝利し4位に浮上した。 「攻守においてイニシアチブを握り、フェアなプレーでゲームを支配し、勝利するというスタイルを進化させるため、プレー精度、特に攻撃面での質を高めていきたい」と話しました。 ■素材特徴:制菌SEK赤、帯電防止、防汚加工、透け防止、吸汗速乾。 Jリーグは10日、2日の横浜F・マリノス戦で暴力行為を働いたジュビロ磐田DFギレルメ(30)に6試合出場停止の処分を下した。

Jリーグは10日、2日の横浜戦で相手チームの選手とスタッフに暴力行為を働いたジュビロ磐田DFギレルメ(30)に6試合の出場停止処分を下したことを発表した。 DFギレルメ(30)が柏戦出場停止となったことを受け、MF宮崎智彦(31)が8戦ぶりに先発することが決まった。元日本代表FW大久保嘉人は、今季2年ぶりに川崎フロンターレに復帰したが、わずか半年でジュビロ磐田に新天地を求めた。

image

|

神戸は今季、明治安田生命J1リーグ第20節終了時点で8勝5分け7敗、勝ち点「29」で5位につけている。 5分に左サイドで得たCKを「小学生の頃は蹴ってて、中学生の頃もフリーキックは結構蹴っていた」という今村涼一(2年・FC東京U-15むさし)が続けて蹴った2本目のキックに、寺山翼(2年・FC東京U-15むさし)が合わせたヘディングは枠の左へ外れ、7分にもやはり今村が蹴り込んだCKはファーに流れましたが、まずはセットプレーからチャンスを窺うと、勢いそのままに先制点まで。

北村がエリア内へ侵入し、右から打ち切ったシュートは枠の上へ外れ、頭を抱える11番。劣勢の磐田は小川航基、荒木大吾と攻撃的な選手を投入。 また、センターバックに加え、必要であればサイドバックや守備的MFでも卒なくプレーできるユーティリティー性は、代表への生き残りを考えても好材料となるはずだ。崖っぷち柏の生き残る条件は?

「史上最もハイレベル」なJ1残留争いの行方は? さらに追加点を奪った神戸は磐田に勝利し4位に浮上した。 「攻守においてイニシアチブを握り、フェアなプレーでゲームを支配し、勝利するというスタイルを進化させるため、プレー精度、特に攻撃面での質を高めていきたい」と話しました。 ■素材特徴:制菌SEK赤、帯電防止、防汚加工、透け防止、吸汗速乾。 Jリーグは10日、2日の横浜F・マリノス戦で暴力行為を働いたジュビロ磐田DFギレルメ(30)に6試合出場停止の処分を下した。

Jリーグは10日、2日の横浜戦で相手チームの選手とスタッフに暴力行為を働いたジュビロ磐田DFギレルメ(30)に6試合の出場停止処分を下したことを発表した。 DFギレルメ(30)が柏戦出場停止となったことを受け、MF宮崎智彦(31)が8戦ぶりに先発することが決まった。元日本代表FW大久保嘉人は、今季2年ぶりに川崎フロンターレに復帰したが、わずか半年でジュビロ磐田に新天地を求めた。

|

神戸は今季、明治安田生命J1リーグ第20節終了時点で8勝5分け7敗、勝ち点「29」で5位につけている。 5分に左サイドで得たCKを「小学生の頃は蹴ってて、中学生の頃もフリーキックは結構蹴っていた」という今村涼一(2年・FC東京U-15むさし)が続けて蹴った2本目のキックに、寺山翼(2年・FC東京U-15むさし)が合わせたヘディングは枠の左へ外れ、7分にもやはり今村が蹴り込んだCKはファーに流れましたが、まずはセットプレーからチャンスを窺うと、勢いそのままに先制点まで。

北村がエリア内へ侵入し、右から打ち切ったシュートは枠の上へ外れ、頭を抱える11番。劣勢の磐田は小川航基、荒木大吾と攻撃的な選手を投入。 また、センターバックに加え、必要であればサイドバックや守備的MFでも卒なくプレーできるユーティリティー性は、代表への生き残りを考えても好材料となるはずだ。崖っぷち柏の生き残る条件は?

「史上最もハイレベル」なJ1残留争いの行方は? さらに追加点を奪った神戸は磐田に勝利し4位に浮上した。 「攻守においてイニシアチブを握り、フェアなプレーでゲームを支配し、勝利するというスタイルを進化させるため、プレー精度、特に攻撃面での質を高めていきたい」と話しました。 ■素材特徴:制菌SEK赤、帯電防止、防汚加工、透け防止、吸汗速乾。 Jリーグは10日、2日の横浜F・マリノス戦で暴力行為を働いたジュビロ磐田DFギレルメ(30)に6試合出場停止の処分を下した。

Jリーグは10日、2日の横浜戦で相手チームの選手とスタッフに暴力行為を働いたジュビロ磐田DFギレルメ(30)に6試合の出場停止処分を下したことを発表した。 DFギレルメ(30)が柏戦出場停止となったことを受け、MF宮崎智彦(31)が8戦ぶりに先発することが決まった。元日本代表FW大久保嘉人は、今季2年ぶりに川崎フロンターレに復帰したが、わずか半年でジュビロ磐田に新天地を求めた。

|

神戸は今季、明治安田生命J1リーグ第20節終了時点で8勝5分け7敗、勝ち点「29」で5位につけている。 5分に左サイドで得たCKを「小学生の頃は蹴ってて、中学生の頃もフリーキックは結構蹴っていた」という今村涼一(2年・FC東京U-15むさし)が続けて蹴った2本目のキックに、寺山翼(2年・FC東京U-15むさし)が合わせたヘディングは枠の左へ外れ、7分にもやはり今村が蹴り込んだCKはファーに流れましたが、まずはセットプレーからチャンスを窺うと、勢いそのままに先制点まで。

北村がエリア内へ侵入し、右から打ち切ったシュートは枠の上へ外れ、頭を抱える11番。劣勢の磐田は小川航基、荒木大吾と攻撃的な選手を投入。 また、センターバックに加え、必要であればサイドバックや守備的MFでも卒なくプレーできるユーティリティー性は、代表への生き残りを考えても好材料となるはずだ。崖っぷち柏の生き残る条件は?

「史上最もハイレベル」なJ1残留争いの行方は? さらに追加点を奪った神戸は磐田に勝利し4位に浮上した。 「攻守においてイニシアチブを握り、フェアなプレーでゲームを支配し、勝利するというスタイルを進化させるため、プレー精度、特に攻撃面での質を高めていきたい」と話しました。 ■素材特徴:制菌SEK赤、帯電防止、防汚加工、透け防止、吸汗速乾。 Jリーグは10日、2日の横浜F・マリノス戦で暴力行為を働いたジュビロ磐田DFギレルメ(30)に6試合出場停止の処分を下した。

Jリーグは10日、2日の横浜戦で相手チームの選手とスタッフに暴力行為を働いたジュビロ磐田DFギレルメ(30)に6試合の出場停止処分を下したことを発表した。 DFギレルメ(30)が柏戦出場停止となったことを受け、MF宮崎智彦(31)が8戦ぶりに先発することが決まった。元日本代表FW大久保嘉人は、今季2年ぶりに川崎フロンターレに復帰したが、わずか半年でジュビロ磐田に新天地を求めた。

芝本蓮 )

Artist: 芝本蓮

Track: 芝本蓮

Album: 芝本蓮

|

神戸は今季、明治安田生命J1リーグ第20節終了時点で8勝5分け7敗、勝ち点「29」で5位につけている。 5分に左サイドで得たCKを「小学生の頃は蹴ってて、中学生の頃もフリーキックは結構蹴っていた」という今村涼一(2年・FC東京U-15むさし)が続けて蹴った2本目のキックに、寺山翼(2年・FC東京U-15むさし)が合わせたヘディングは枠の左へ外れ、7分にもやはり今村が蹴り込んだCKはファーに流れましたが、まずはセットプレーからチャンスを窺うと、勢いそのままに先制点まで。

北村がエリア内へ侵入し、右から打ち切ったシュートは枠の上へ外れ、頭を抱える11番。劣勢の磐田は小川航基、荒木大吾と攻撃的な選手を投入。 また、センターバックに加え、必要であればサイドバックや守備的MFでも卒なくプレーできるユーティリティー性は、代表への生き残りを考えても好材料となるはずだ。崖っぷち柏の生き残る条件は?

「史上最もハイレベル」なJ1残留争いの行方は? さらに追加点を奪った神戸は磐田に勝利し4位に浮上した。 「攻守においてイニシアチブを握り、フェアなプレーでゲームを支配し、勝利するというスタイルを進化させるため、プレー精度、特に攻撃面での質を高めていきたい」と話しました。 ■素材特徴:制菌SEK赤、帯電防止、防汚加工、透け防止、吸汗速乾。 Jリーグは10日、2日の横浜F・マリノス戦で暴力行為を働いたジュビロ磐田DFギレルメ(30)に6試合出場停止の処分を下した。

Jリーグは10日、2日の横浜戦で相手チームの選手とスタッフに暴力行為を働いたジュビロ磐田DFギレルメ(30)に6試合の出場停止処分を下したことを発表した。 DFギレルメ(30)が柏戦出場停止となったことを受け、MF宮崎智彦(31)が8戦ぶりに先発することが決まった。元日本代表FW大久保嘉人は、今季2年ぶりに川崎フロンターレに復帰したが、わずか半年でジュビロ磐田に新天地を求めた。

芝本蓮

|

神戸は今季、明治安田生命J1リーグ第20節終了時点で8勝5分け7敗、勝ち点「29」で5位につけている。 5分に左サイドで得たCKを「小学生の頃は蹴ってて、中学生の頃もフリーキックは結構蹴っていた」という今村涼一(2年・FC東京U-15むさし)が続けて蹴った2本目のキックに、寺山翼(2年・FC東京U-15むさし)が合わせたヘディングは枠の左へ外れ、7分にもやはり今村が蹴り込んだCKはファーに流れましたが、まずはセットプレーからチャンスを窺うと、勢いそのままに先制点まで。

北村がエリア内へ侵入し、右から打ち切ったシュートは枠の上へ外れ、頭を抱える11番。劣勢の磐田は小川航基、荒木大吾と攻撃的な選手を投入。 また、センターバックに加え、必要であればサイドバックや守備的MFでも卒なくプレーできるユーティリティー性は、代表への生き残りを考えても好材料となるはずだ。崖っぷち柏の生き残る条件は?

「史上最もハイレベル」なJ1残留争いの行方は? さらに追加点を奪った神戸は磐田に勝利し4位に浮上した。 「攻守においてイニシアチブを握り、フェアなプレーでゲームを支配し、勝利するというスタイルを進化させるため、プレー精度、特に攻撃面での質を高めていきたい」と話しました。 ■素材特徴:制菌SEK赤、帯電防止、防汚加工、透け防止、吸汗速乾。 Jリーグは10日、2日の横浜F・マリノス戦で暴力行為を働いたジュビロ磐田DFギレルメ(30)に6試合出場停止の処分を下した。

Jリーグは10日、2日の横浜戦で相手チームの選手とスタッフに暴力行為を働いたジュビロ磐田DFギレルメ(30)に6試合の出場停止処分を下したことを発表した。 DFギレルメ(30)が柏戦出場停止となったことを受け、MF宮崎智彦(31)が8戦ぶりに先発することが決まった。元日本代表FW大久保嘉人は、今季2年ぶりに川崎フロンターレに復帰したが、わずか半年でジュビロ磐田に新天地を求めた。