藤春廣輝 ユニフォーム

14年にジュビロ磐田と契約して10年ぶりのJリーグ復帰を果たし、今年1月から横浜FCでプレーする。期間は2019年1月1日まで。得点力は低空飛行していたが7月に91得点を取り、8月には135得点と今季セ・リーグ2位の月間得点数を記録した。投手陣はエース涌井秀章が1試合6被本塁打のリーグワースト記録を作り、石川歩は5連敗を喫しプロ入り初の二軍降格。首位広島手痛いドロー、FC東京と5ポイント差に。

|

こすれ音が少なく静かなイベントのスタッフジャケットにも大活躍。 こすれる音が少ないので、静かなイベントのチームウェアとしてもおすすめ。相手GKとの1対1を冷静に制し、2得点目を挙げて勝利を決定付けた。 サファテが3回を無失点に抑えた後、川島慶三がサヨナラタイムリーを放ち、2年ぶり8回目の日本一を決めた。横浜F・マリノスはジュビロ磐田に2-1で競り勝ち、勝ち点32で12位へ浮上した。 G大阪は1日、明治安田生命J1リーグ第19節でジュビロ磐田と対戦した。

清水エスパルスは21日、F東京と対戦(午後1時・アイスタ)する。 B組3位のジュビロ磐田は同1位の清水エスパルスとの静岡ダービーを2―1で制し、グループステージ(GS)突破へ“逆王手”をかけた。 ジュビロ磐田がヴァンフォーレ甲府との首位攻防戦を制し、B組1位で1次リーグ突破を決めた。先発防御率は年間通してさほどでもなく特に8月は4.70を記録していた。前節・横浜M戦(2日、3〇1)で2発のMF田口泰士(27)にとって敵地・柏は流通経大柏高時代を過ごした地。

[...]

藤春廣輝 ユニフォーム

14年にジュビロ磐田と契約して10年ぶりのJリーグ復帰を果たし、今年1月から横浜FCでプレーする。期間は2019年1月1日まで。得点力は低空飛行していたが7月に91得点を取り、8月には135得点と今季セ・リーグ2位の月間得点数を記録した。投手陣はエース涌井秀章が1試合6被本塁打のリーグワースト記録を作り、石川歩は5連敗を喫しプロ入り初の二軍降格。首位広島手痛いドロー、FC東京と5ポイント差に。

|

こすれ音が少なく静かなイベントのスタッフジャケットにも大活躍。 こすれる音が少ないので、静かなイベントのチームウェアとしてもおすすめ。相手GKとの1対1を冷静に制し、2得点目を挙げて勝利を決定付けた。 サファテが3回を無失点に抑えた後、川島慶三がサヨナラタイムリーを放ち、2年ぶり8回目の日本一を決めた。横浜F・マリノスはジュビロ磐田に2-1で競り勝ち、勝ち点32で12位へ浮上した。 G大阪は1日、明治安田生命J1リーグ第19節でジュビロ磐田と対戦した。

清水エスパルスは21日、F東京と対戦(午後1時・アイスタ)する。 B組3位のジュビロ磐田は同1位の清水エスパルスとの静岡ダービーを2―1で制し、グループステージ(GS)突破へ“逆王手”をかけた。 ジュビロ磐田がヴァンフォーレ甲府との首位攻防戦を制し、B組1位で1次リーグ突破を決めた。先発防御率は年間通してさほどでもなく特に8月は4.70を記録していた。前節・横浜M戦(2日、3〇1)で2発のMF田口泰士(27)にとって敵地・柏は流通経大柏高時代を過ごした地。

[...]

藤春廣輝 ユニフォーム

藤春廣輝 ユニフォーム

14年にジュビロ磐田と契約して10年ぶりのJリーグ復帰を果たし、今年1月から横浜FCでプレーする。期間は2019年1月1日まで。得点力は低空飛行していたが7月に91得点を取り、8月には135得点と今季セ・リーグ2位の月間得点数を記録した。投手陣はエース涌井秀章が1試合6被本塁打のリーグワースト記録を作り、石川歩は5連敗を喫しプロ入り初の二軍降格。首位広島手痛いドロー、FC東京と5ポイント差に。

|

こすれ音が少なく静かなイベントのスタッフジャケットにも大活躍。 こすれる音が少ないので、静かなイベントのチームウェアとしてもおすすめ。相手GKとの1対1を冷静に制し、2得点目を挙げて勝利を決定付けた。 サファテが3回を無失点に抑えた後、川島慶三がサヨナラタイムリーを放ち、2年ぶり8回目の日本一を決めた。横浜F・マリノスはジュビロ磐田に2-1で競り勝ち、勝ち点32で12位へ浮上した。 G大阪は1日、明治安田生命J1リーグ第19節でジュビロ磐田と対戦した。

清水エスパルスは21日、F東京と対戦(午後1時・アイスタ)する。 B組3位のジュビロ磐田は同1位の清水エスパルスとの静岡ダービーを2―1で制し、グループステージ(GS)突破へ“逆王手”をかけた。 ジュビロ磐田がヴァンフォーレ甲府との首位攻防戦を制し、B組1位で1次リーグ突破を決めた。先発防御率は年間通してさほどでもなく特に8月は4.70を記録していた。前節・横浜M戦(2日、3〇1)で2発のMF田口泰士(27)にとって敵地・柏は流通経大柏高時代を過ごした地。

[...]

藤春廣輝 ユニフォーム

14年にジュビロ磐田と契約して10年ぶりのJリーグ復帰を果たし、今年1月から横浜FCでプレーする。期間は2019年1月1日まで。得点力は低空飛行していたが7月に91得点を取り、8月には135得点と今季セ・リーグ2位の月間得点数を記録した。投手陣はエース涌井秀章が1試合6被本塁打のリーグワースト記録を作り、石川歩は5連敗を喫しプロ入り初の二軍降格。首位広島手痛いドロー、FC東京と5ポイント差に。

|

こすれ音が少なく静かなイベントのスタッフジャケットにも大活躍。 こすれる音が少ないので、静かなイベントのチームウェアとしてもおすすめ。相手GKとの1対1を冷静に制し、2得点目を挙げて勝利を決定付けた。 サファテが3回を無失点に抑えた後、川島慶三がサヨナラタイムリーを放ち、2年ぶり8回目の日本一を決めた。横浜F・マリノスはジュビロ磐田に2-1で競り勝ち、勝ち点32で12位へ浮上した。 G大阪は1日、明治安田生命J1リーグ第19節でジュビロ磐田と対戦した。

清水エスパルスは21日、F東京と対戦(午後1時・アイスタ)する。 B組3位のジュビロ磐田は同1位の清水エスパルスとの静岡ダービーを2―1で制し、グループステージ(GS)突破へ“逆王手”をかけた。 ジュビロ磐田がヴァンフォーレ甲府との首位攻防戦を制し、B組1位で1次リーグ突破を決めた。先発防御率は年間通してさほどでもなく特に8月は4.70を記録していた。前節・横浜M戦(2日、3〇1)で2発のMF田口泰士(27)にとって敵地・柏は流通経大柏高時代を過ごした地。

[...]

藤春廣輝 ユニフォーム