清武弘嗣

ホーム・アウェイ関わらず勝利後に歌われるのでサポーターの間では通称「勝利の歌」として親しまれているが必ずしも歌われるわけでは無く、カップ戦第1戦がホームの場合や連敗中などの理由で自粛する事がある。 しかし、後半に勝ち越しを許し1-2で敗れ、9年ぶりの優勝を果たせなかった。決勝はサウジアラビアのアル・ヒラルと対戦。今回の復帰で「夢を諦めた」と思う人がいるかもしれないけど、決してそうではないし、ましてや自分はそういう性格じゃない。 アウェー甲府戦が近かったこともあって、告知とぶどうお土産付きチケットも売ってくれた。 また、広島から柏木陽介を完全移籍で、ドイツ・1.FCニュルンベルクからマシュー・スピラノビッチを、ドイツ・1.FCケルンからウィルフリード・サヌを期限付き移籍で獲得した。

その計画策定の段階でも気付けたはずだ。昨季は1stステージの15位から一転、2ndステージでは上位争いを展開。 エンブレムに使用されている縦のストライプに矢羽根の質感を融合させ、スピード感、躍動感を表現。 「試合に出ることが一番。 そして、「背中にはHATANO(波多野)とくるので、ゴー(50)とダジャレを入れながら決めさせて頂きました」とおどけつつも、背負うことになった背番号50を誇らしげに見つめた。

[...]

清武弘嗣

ホーム・アウェイ関わらず勝利後に歌われるのでサポーターの間では通称「勝利の歌」として親しまれているが必ずしも歌われるわけでは無く、カップ戦第1戦がホームの場合や連敗中などの理由で自粛する事がある。 しかし、後半に勝ち越しを許し1-2で敗れ、9年ぶりの優勝を果たせなかった。決勝はサウジアラビアのアル・ヒラルと対戦。今回の復帰で「夢を諦めた」と思う人がいるかもしれないけど、決してそうではないし、ましてや自分はそういう性格じゃない。 アウェー甲府戦が近かったこともあって、告知とぶどうお土産付きチケットも売ってくれた。 また、広島から柏木陽介を完全移籍で、ドイツ・1.FCニュルンベルクからマシュー・スピラノビッチを、ドイツ・1.FCケルンからウィルフリード・サヌを期限付き移籍で獲得した。

その計画策定の段階でも気付けたはずだ。昨季は1stステージの15位から一転、2ndステージでは上位争いを展開。 エンブレムに使用されている縦のストライプに矢羽根の質感を融合させ、スピード感、躍動感を表現。 「試合に出ることが一番。 そして、「背中にはHATANO(波多野)とくるので、ゴー(50)とダジャレを入れながら決めさせて頂きました」とおどけつつも、背負うことになった背番号50を誇らしげに見つめた。

[...]

清武弘嗣

清武弘嗣

ホーム・アウェイ関わらず勝利後に歌われるのでサポーターの間では通称「勝利の歌」として親しまれているが必ずしも歌われるわけでは無く、カップ戦第1戦がホームの場合や連敗中などの理由で自粛する事がある。 しかし、後半に勝ち越しを許し1-2で敗れ、9年ぶりの優勝を果たせなかった。決勝はサウジアラビアのアル・ヒラルと対戦。今回の復帰で「夢を諦めた」と思う人がいるかもしれないけど、決してそうではないし、ましてや自分はそういう性格じゃない。 アウェー甲府戦が近かったこともあって、告知とぶどうお土産付きチケットも売ってくれた。 また、広島から柏木陽介を完全移籍で、ドイツ・1.FCニュルンベルクからマシュー・スピラノビッチを、ドイツ・1.FCケルンからウィルフリード・サヌを期限付き移籍で獲得した。

その計画策定の段階でも気付けたはずだ。昨季は1stステージの15位から一転、2ndステージでは上位争いを展開。 エンブレムに使用されている縦のストライプに矢羽根の質感を融合させ、スピード感、躍動感を表現。 「試合に出ることが一番。 そして、「背中にはHATANO(波多野)とくるので、ゴー(50)とダジャレを入れながら決めさせて頂きました」とおどけつつも、背負うことになった背番号50を誇らしげに見つめた。

[...]

清武弘嗣

ホーム・アウェイ関わらず勝利後に歌われるのでサポーターの間では通称「勝利の歌」として親しまれているが必ずしも歌われるわけでは無く、カップ戦第1戦がホームの場合や連敗中などの理由で自粛する事がある。 しかし、後半に勝ち越しを許し1-2で敗れ、9年ぶりの優勝を果たせなかった。決勝はサウジアラビアのアル・ヒラルと対戦。今回の復帰で「夢を諦めた」と思う人がいるかもしれないけど、決してそうではないし、ましてや自分はそういう性格じゃない。 アウェー甲府戦が近かったこともあって、告知とぶどうお土産付きチケットも売ってくれた。 また、広島から柏木陽介を完全移籍で、ドイツ・1.FCニュルンベルクからマシュー・スピラノビッチを、ドイツ・1.FCケルンからウィルフリード・サヌを期限付き移籍で獲得した。

その計画策定の段階でも気付けたはずだ。昨季は1stステージの15位から一転、2ndステージでは上位争いを展開。 エンブレムに使用されている縦のストライプに矢羽根の質感を融合させ、スピード感、躍動感を表現。 「試合に出ることが一番。 そして、「背中にはHATANO(波多野)とくるので、ゴー(50)とダジャレを入れながら決めさせて頂きました」とおどけつつも、背負うことになった背番号50を誇らしげに見つめた。

[...]

清武弘嗣
清武弘嗣