細貝萌 ユニフォーム

■日本伝統の七宝柄にオマージュを込めて吉祥文様とされる「七宝」をモノトーンで表現。午後1時からと午後3時30分からで入場無料。 また、なでしこジャパンのユニフォームには新たにピンクのラインが採用されました。 」というゼブラヘッド達と硬い約束を交わしたのだった。 これらの背番号のユニフォームも、2017年は人気が出るでしょう。|FWエドゥー、MF武藤嘉紀(前々年から特別指定)らを獲得し、梶山陽平、羽生直剛が期限付き移籍から復帰した。 ロブソン・ポンテが退団、永田拓也がレンタル移籍で、林勇介が完全移籍で草津に移籍、前年草津にレンタル移籍していた西澤代志也が栃木SCに、栃木SCへ期限付き移籍していた橋本真人がV・ファーレン長崎へ完全移籍、細貝萌がブンデスリーガ1部のバイエル・レヴァークーゼンに完全移籍(その後ブンデスリーガ2部のFCアウクスブルクにレンタル移籍)、サヌはレンタル移籍期間満了に伴い1.FCケルンに復帰した。

太田は18年1月まで契約が2年残っていたが、フィテッセ側は満額の約1億円の違約金を用意。右サイドバックの北野拓海(2年・コンフィアール町田)とセンターバックの杉本裕哉(1年・東急SレイエスFC)に替えて、鈴木琉(2年・FC町田ゼルビアJY)と川俣杜夢(2年・ウイングスSC)を投入し、「『前にボールが移動した時に何が起こってるか』というのをきちんと分析しているかという所」(竹中監督)のテコ入れに着手します。

[...]

細貝萌 ユニフォーム

■日本伝統の七宝柄にオマージュを込めて吉祥文様とされる「七宝」をモノトーンで表現。午後1時からと午後3時30分からで入場無料。 また、なでしこジャパンのユニフォームには新たにピンクのラインが採用されました。 」というゼブラヘッド達と硬い約束を交わしたのだった。 これらの背番号のユニフォームも、2017年は人気が出るでしょう。|FWエドゥー、MF武藤嘉紀(前々年から特別指定)らを獲得し、梶山陽平、羽生直剛が期限付き移籍から復帰した。 ロブソン・ポンテが退団、永田拓也がレンタル移籍で、林勇介が完全移籍で草津に移籍、前年草津にレンタル移籍していた西澤代志也が栃木SCに、栃木SCへ期限付き移籍していた橋本真人がV・ファーレン長崎へ完全移籍、細貝萌がブンデスリーガ1部のバイエル・レヴァークーゼンに完全移籍(その後ブンデスリーガ2部のFCアウクスブルクにレンタル移籍)、サヌはレンタル移籍期間満了に伴い1.FCケルンに復帰した。

太田は18年1月まで契約が2年残っていたが、フィテッセ側は満額の約1億円の違約金を用意。右サイドバックの北野拓海(2年・コンフィアール町田)とセンターバックの杉本裕哉(1年・東急SレイエスFC)に替えて、鈴木琉(2年・FC町田ゼルビアJY)と川俣杜夢(2年・ウイングスSC)を投入し、「『前にボールが移動した時に何が起こってるか』というのをきちんと分析しているかという所」(竹中監督)のテコ入れに着手します。

[...]

細貝萌 ユニフォーム

細貝萌 ユニフォーム

■日本伝統の七宝柄にオマージュを込めて吉祥文様とされる「七宝」をモノトーンで表現。午後1時からと午後3時30分からで入場無料。 また、なでしこジャパンのユニフォームには新たにピンクのラインが採用されました。 」というゼブラヘッド達と硬い約束を交わしたのだった。 これらの背番号のユニフォームも、2017年は人気が出るでしょう。|FWエドゥー、MF武藤嘉紀(前々年から特別指定)らを獲得し、梶山陽平、羽生直剛が期限付き移籍から復帰した。 ロブソン・ポンテが退団、永田拓也がレンタル移籍で、林勇介が完全移籍で草津に移籍、前年草津にレンタル移籍していた西澤代志也が栃木SCに、栃木SCへ期限付き移籍していた橋本真人がV・ファーレン長崎へ完全移籍、細貝萌がブンデスリーガ1部のバイエル・レヴァークーゼンに完全移籍(その後ブンデスリーガ2部のFCアウクスブルクにレンタル移籍)、サヌはレンタル移籍期間満了に伴い1.FCケルンに復帰した。

太田は18年1月まで契約が2年残っていたが、フィテッセ側は満額の約1億円の違約金を用意。右サイドバックの北野拓海(2年・コンフィアール町田)とセンターバックの杉本裕哉(1年・東急SレイエスFC)に替えて、鈴木琉(2年・FC町田ゼルビアJY)と川俣杜夢(2年・ウイングスSC)を投入し、「『前にボールが移動した時に何が起こってるか』というのをきちんと分析しているかという所」(竹中監督)のテコ入れに着手します。

[...]

細貝萌 ユニフォーム

■日本伝統の七宝柄にオマージュを込めて吉祥文様とされる「七宝」をモノトーンで表現。午後1時からと午後3時30分からで入場無料。 また、なでしこジャパンのユニフォームには新たにピンクのラインが採用されました。 」というゼブラヘッド達と硬い約束を交わしたのだった。 これらの背番号のユニフォームも、2017年は人気が出るでしょう。|FWエドゥー、MF武藤嘉紀(前々年から特別指定)らを獲得し、梶山陽平、羽生直剛が期限付き移籍から復帰した。 ロブソン・ポンテが退団、永田拓也がレンタル移籍で、林勇介が完全移籍で草津に移籍、前年草津にレンタル移籍していた西澤代志也が栃木SCに、栃木SCへ期限付き移籍していた橋本真人がV・ファーレン長崎へ完全移籍、細貝萌がブンデスリーガ1部のバイエル・レヴァークーゼンに完全移籍(その後ブンデスリーガ2部のFCアウクスブルクにレンタル移籍)、サヌはレンタル移籍期間満了に伴い1.FCケルンに復帰した。

太田は18年1月まで契約が2年残っていたが、フィテッセ側は満額の約1億円の違約金を用意。右サイドバックの北野拓海(2年・コンフィアール町田)とセンターバックの杉本裕哉(1年・東急SレイエスFC)に替えて、鈴木琉(2年・FC町田ゼルビアJY)と川俣杜夢(2年・ウイングスSC)を投入し、「『前にボールが移動した時に何が起こってるか』というのをきちんと分析しているかという所」(竹中監督)のテコ入れに着手します。

[...]

細貝萌 ユニフォーム
細貝萌 ユニフォーム