大島僚太

太田は18年1月まで契約が2年残っていたが、フィテッセ側は満額の約1億円の違約金を用意。右サイドバックの北野拓海(2年・コンフィアール町田)とセンターバックの杉本裕哉(1年・東急SレイエスFC)に替えて、鈴木琉(2年・FC町田ゼルビアJY)と川俣杜夢(2年・ウイングスSC)を投入し、「『前にボールが移動した時に何が起こってるか』というのをきちんと分析しているかという所」(竹中監督)のテコ入れに着手します。

▽途中離脱することになった岩波は、次のように無念の思いを口にしている。興梠慎三、柏木陽介、原口元気の1トップ2シャドーを中心とした攻撃陣は、リーグ1位の66得点をマークする等力を発揮した一方、可変フォーメーションの3バックのうちサイドバックに位置する森脇と槙野が積極的に攻撃参加する為、カウンターの対策が脆弱だった事もあり守備陣は終盤5試合で16失点を喫する等でリーグ12位タイの56失点と脆さを露見させ、この攻守のバランスの悪さが勝ちきれない試合を多く生み出し失速した要因になった。

[...]

大島僚太

太田は18年1月まで契約が2年残っていたが、フィテッセ側は満額の約1億円の違約金を用意。右サイドバックの北野拓海(2年・コンフィアール町田)とセンターバックの杉本裕哉(1年・東急SレイエスFC)に替えて、鈴木琉(2年・FC町田ゼルビアJY)と川俣杜夢(2年・ウイングスSC)を投入し、「『前にボールが移動した時に何が起こってるか』というのをきちんと分析しているかという所」(竹中監督)のテコ入れに着手します。

▽途中離脱することになった岩波は、次のように無念の思いを口にしている。興梠慎三、柏木陽介、原口元気の1トップ2シャドーを中心とした攻撃陣は、リーグ1位の66得点をマークする等力を発揮した一方、可変フォーメーションの3バックのうちサイドバックに位置する森脇と槙野が積極的に攻撃参加する為、カウンターの対策が脆弱だった事もあり守備陣は終盤5試合で16失点を喫する等でリーグ12位タイの56失点と脆さを露見させ、この攻守のバランスの悪さが勝ちきれない試合を多く生み出し失速した要因になった。

[...]

大島僚太

大島僚太

太田は18年1月まで契約が2年残っていたが、フィテッセ側は満額の約1億円の違約金を用意。右サイドバックの北野拓海(2年・コンフィアール町田)とセンターバックの杉本裕哉(1年・東急SレイエスFC)に替えて、鈴木琉(2年・FC町田ゼルビアJY)と川俣杜夢(2年・ウイングスSC)を投入し、「『前にボールが移動した時に何が起こってるか』というのをきちんと分析しているかという所」(竹中監督)のテコ入れに着手します。

▽途中離脱することになった岩波は、次のように無念の思いを口にしている。興梠慎三、柏木陽介、原口元気の1トップ2シャドーを中心とした攻撃陣は、リーグ1位の66得点をマークする等力を発揮した一方、可変フォーメーションの3バックのうちサイドバックに位置する森脇と槙野が積極的に攻撃参加する為、カウンターの対策が脆弱だった事もあり守備陣は終盤5試合で16失点を喫する等でリーグ12位タイの56失点と脆さを露見させ、この攻守のバランスの悪さが勝ちきれない試合を多く生み出し失速した要因になった。

[...]

大島僚太

太田は18年1月まで契約が2年残っていたが、フィテッセ側は満額の約1億円の違約金を用意。右サイドバックの北野拓海(2年・コンフィアール町田)とセンターバックの杉本裕哉(1年・東急SレイエスFC)に替えて、鈴木琉(2年・FC町田ゼルビアJY)と川俣杜夢(2年・ウイングスSC)を投入し、「『前にボールが移動した時に何が起こってるか』というのをきちんと分析しているかという所」(竹中監督)のテコ入れに着手します。

▽途中離脱することになった岩波は、次のように無念の思いを口にしている。興梠慎三、柏木陽介、原口元気の1トップ2シャドーを中心とした攻撃陣は、リーグ1位の66得点をマークする等力を発揮した一方、可変フォーメーションの3バックのうちサイドバックに位置する森脇と槙野が積極的に攻撃参加する為、カウンターの対策が脆弱だった事もあり守備陣は終盤5試合で16失点を喫する等でリーグ12位タイの56失点と脆さを露見させ、この攻守のバランスの悪さが勝ちきれない試合を多く生み出し失速した要因になった。

[...]

大島僚太
大島僚太