藤本憲明 ユニフォーム

この1カ月間、サッカーには集中できていたけど、精神的には相当きつかった。 2018年、原口元気がアカデミー出身選手として初めてFIFAワールドカップ日本代表に選出され、本大会出場を果たし得点も決めた。 9月、10月に日本代表に招集された時、モリゲ(森重真人)やマル(丸山祐市)からも話を聞いていて、彼らは冗談交じりに「東京に戻ってきなよ」と言ってくれていました。

2016年日本代表GKユニフォームも同時に発表されました。対する青森山田高はFC東京U-18も参加していた春のサッカーフェスティバル、サニックス杯で優勝。 なお、リーグ戦で10得点以上を記録した選手が現れなかったのは2005年シーズン以来6年ぶりである。 プレー中の選手が大胆に見えるよう肩から袖にかけてホワイトの割合を多くしているのが特徴。炎の騎士をコンセプトに甲府の輝きをイメージ…?炎の騎士とかいう厨二病感。

[...]

藤本憲明 ユニフォーム

この1カ月間、サッカーには集中できていたけど、精神的には相当きつかった。 2018年、原口元気がアカデミー出身選手として初めてFIFAワールドカップ日本代表に選出され、本大会出場を果たし得点も決めた。 9月、10月に日本代表に招集された時、モリゲ(森重真人)やマル(丸山祐市)からも話を聞いていて、彼らは冗談交じりに「東京に戻ってきなよ」と言ってくれていました。

2016年日本代表GKユニフォームも同時に発表されました。対する青森山田高はFC東京U-18も参加していた春のサッカーフェスティバル、サニックス杯で優勝。 なお、リーグ戦で10得点以上を記録した選手が現れなかったのは2005年シーズン以来6年ぶりである。 プレー中の選手が大胆に見えるよう肩から袖にかけてホワイトの割合を多くしているのが特徴。炎の騎士をコンセプトに甲府の輝きをイメージ…?炎の騎士とかいう厨二病感。

[...]

藤本憲明 ユニフォーム

藤本憲明 ユニフォーム

この1カ月間、サッカーには集中できていたけど、精神的には相当きつかった。 2018年、原口元気がアカデミー出身選手として初めてFIFAワールドカップ日本代表に選出され、本大会出場を果たし得点も決めた。 9月、10月に日本代表に招集された時、モリゲ(森重真人)やマル(丸山祐市)からも話を聞いていて、彼らは冗談交じりに「東京に戻ってきなよ」と言ってくれていました。

2016年日本代表GKユニフォームも同時に発表されました。対する青森山田高はFC東京U-18も参加していた春のサッカーフェスティバル、サニックス杯で優勝。 なお、リーグ戦で10得点以上を記録した選手が現れなかったのは2005年シーズン以来6年ぶりである。 プレー中の選手が大胆に見えるよう肩から袖にかけてホワイトの割合を多くしているのが特徴。炎の騎士をコンセプトに甲府の輝きをイメージ…?炎の騎士とかいう厨二病感。

[...]

藤本憲明 ユニフォーム

この1カ月間、サッカーには集中できていたけど、精神的には相当きつかった。 2018年、原口元気がアカデミー出身選手として初めてFIFAワールドカップ日本代表に選出され、本大会出場を果たし得点も決めた。 9月、10月に日本代表に招集された時、モリゲ(森重真人)やマル(丸山祐市)からも話を聞いていて、彼らは冗談交じりに「東京に戻ってきなよ」と言ってくれていました。

2016年日本代表GKユニフォームも同時に発表されました。対する青森山田高はFC東京U-18も参加していた春のサッカーフェスティバル、サニックス杯で優勝。 なお、リーグ戦で10得点以上を記録した選手が現れなかったのは2005年シーズン以来6年ぶりである。 プレー中の選手が大胆に見えるよう肩から袖にかけてホワイトの割合を多くしているのが特徴。炎の騎士をコンセプトに甲府の輝きをイメージ…?炎の騎士とかいう厨二病感。

[...]

藤本憲明 ユニフォーム