富樫敬真

過去最高の勝ち点、最高タイの年間順位を記録したものの、チャンピオンシップの出場を逃した。 またACLプレーオフ出場のためオフやキャンプの期間が短くなった影響により、フィジカルコンディション不足・スタミナ不足に陥る。 1977年チュニジア大会は、アジア予選で敗退し、出場権獲得はならなかった。浦和レッズの決算は、つぎのとおり。

大槻毅監督の初陣となったJリーグYBCルヴァンカップグループステージ第3節サンフレッチェ広島戦はスコアレスドローに終わるも、その後の公式戦は連勝を飾り、通算4勝2分と無敗で乗り切り次期監督へバトンを渡した。難しい時期もあったけど、結果的に全体の8割近くに出ることができて、チームは最後まで慰留してくれた。

[...]

富樫敬真

過去最高の勝ち点、最高タイの年間順位を記録したものの、チャンピオンシップの出場を逃した。 またACLプレーオフ出場のためオフやキャンプの期間が短くなった影響により、フィジカルコンディション不足・スタミナ不足に陥る。 1977年チュニジア大会は、アジア予選で敗退し、出場権獲得はならなかった。浦和レッズの決算は、つぎのとおり。

大槻毅監督の初陣となったJリーグYBCルヴァンカップグループステージ第3節サンフレッチェ広島戦はスコアレスドローに終わるも、その後の公式戦は連勝を飾り、通算4勝2分と無敗で乗り切り次期監督へバトンを渡した。難しい時期もあったけど、結果的に全体の8割近くに出ることができて、チームは最後まで慰留してくれた。

[...]

富樫敬真

富樫敬真

過去最高の勝ち点、最高タイの年間順位を記録したものの、チャンピオンシップの出場を逃した。 またACLプレーオフ出場のためオフやキャンプの期間が短くなった影響により、フィジカルコンディション不足・スタミナ不足に陥る。 1977年チュニジア大会は、アジア予選で敗退し、出場権獲得はならなかった。浦和レッズの決算は、つぎのとおり。

大槻毅監督の初陣となったJリーグYBCルヴァンカップグループステージ第3節サンフレッチェ広島戦はスコアレスドローに終わるも、その後の公式戦は連勝を飾り、通算4勝2分と無敗で乗り切り次期監督へバトンを渡した。難しい時期もあったけど、結果的に全体の8割近くに出ることができて、チームは最後まで慰留してくれた。

[...]

富樫敬真

過去最高の勝ち点、最高タイの年間順位を記録したものの、チャンピオンシップの出場を逃した。 またACLプレーオフ出場のためオフやキャンプの期間が短くなった影響により、フィジカルコンディション不足・スタミナ不足に陥る。 1977年チュニジア大会は、アジア予選で敗退し、出場権獲得はならなかった。浦和レッズの決算は、つぎのとおり。

大槻毅監督の初陣となったJリーグYBCルヴァンカップグループステージ第3節サンフレッチェ広島戦はスコアレスドローに終わるも、その後の公式戦は連勝を飾り、通算4勝2分と無敗で乗り切り次期監督へバトンを渡した。難しい時期もあったけど、結果的に全体の8割近くに出ることができて、チームは最後まで慰留してくれた。

[...]

富樫敬真
富樫敬真